税理士 駿河健太郎のblog


所長 税理士・行政書士 駿河健太郎
関東信越税理士会所属 埼玉県行政書士会所属

税理士法人SKYの哲学は”超現場主義”です。
どんなに情報技術が発展しようとも、お客様と顔を合わせて人間的なお付き合いをさせていただくことを基本としています。

また、税理士法人SKYのSKYとは
Support
Kindly
for Yourself
の略称です。常にお客様の目的に寄り添ってお役に立つことを目的とした会計事務所です。


住所 埼玉県さいたま市南区文蔵1-13-11三位ビル202
電話 048 866 0872 ファックス 050 3488 1942

公式ホームページ


2018年7月26日木曜日

サブスクリプションとは

最近「サブスクリプション」という単語に出会うことがあります。

「サブスクリプション」=「定額制」と考えていただいて良いようです。

弊社は今年からMircosoft Office365に移行したときに「サブスクリプション」という単語に出会いました。
振り返ると弊社は個人税理士事務所開設当時からG SuiteやEvernoteを利用していましたが、これらもサブスクリプション契約でした。

「月額定額制」でソフトウェアあるいは知識を利用していただくビジネスモデルは、実は税理士事務所が先駆者なのです。

本日(2018年7月26日)の日本経済新聞「やさしい経済教室」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33197230Q8A720C1SHE000/
にあるように、データを利用可能な形にしてビッグデータも駆使し「顧客の成功」を仕事としてきたのは、一部の会計事務所が提供し続けてきた仕事です。

実際に、ある時期に会計事務所は電算化の先端を走っていた時もありました。
しかし、たった一度のイノベーションで安心したのか?はたまた税法改正に対応して「オタク」化することに安住の地を求めたのか?最近の同業者を見ると疑問に思うことがあります。

税法「オタク」化に特化するのであれば、確実に「単発」で知識の切り売り路線です。

月額顧問料をいただくのは、弊社の社名であるSKY=Support Kindly for Yourselfで表現されている通り、お客様にKindly(親切)に寄り添っているからです。

ここで重要なのは、お客様や私たちの個々の事情に合わせて継続的に寄り添う状況を一緒に作り上げていくことです。

私たちはお客様に「毎回MAXを出してください」とは申しませんし、私たちが勝手に「税務や会計のMAX」を無理やり説明することもありません。

どうやら加減が難しいと思われる方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、私たちは少しも難しいとは思っていません。
それは何故か?経営を考えるうえで重要なある単語で説明できます。
その秘密はまたの機会に説明します。

2018年6月11日月曜日

分析するとスタートできない

情報分析力は 上を見ればきりがない 。 

 情報編集は つなげる力です 。 

 ビジネスをしていく上で 足踏みをする原因は情報分析するからではないでしょうか。

 分析力を向上していく一方で、収録は常に実践 していきましょう。

2018年5月19日土曜日

経営者とは

経営者は戦略的改良探求者であるべきである。
何故なら経営とは、商品力に頼って銭儲をすることではないからだ。

たとえば、経営者であるあなたが素晴しい商品(サービス)を作ったとする。かなり有り得ないがそれが世界一だと仮定する。しかし、世の常で明日には世界一の座は奪われている。この公理に近い普遍的な法則があったために、経営者であるあなたは一度は世界一の商品(サービス)を作ることが可能であった。つまり、商品力は経営とは無関係の要素であるのだ。

では、経営の本質的な具体例はなにかというと、お客様と社員と地域の人が喜ぶ「改良」を続けることではないか。


経営者は商品力に頼らず、改良探求者であるべきだ。しかも世界一を維持することは不可能だから、目的と矛盾しない目標レベルを上下させたり左右にスライドする能力こそが経営力だ。

2018年5月17日木曜日

会計とは

会社経営は会計である。

会計は夢の軌跡と将来を語るものだからだ。

たとえば、簿記のシステムを使って決算報告書を作り、刑事訴訟法にも耐えうる、証拠に基づく前期の記録=複式簿記による帳簿を可読化する。そして、前期の予算との対比と差異分析を行い、時期の予算を策定する。

つまり、このPDCAサイクルを回すには会計が欠かせないのである。

2017年12月12日火曜日

すでに起きた未来ー未来過ぎるか、過ぎないか

仮想通貨が消滅? 量子計算機の衝撃(日経ビジネス):日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24421280Y7A201C1000000/

50量子を越えると、成長のメドが立つといわれ、越えたようです。

プルーフ オブ ワーク型のブロックチェーンは、問題を解く時間の問題でした。ビザンチン将軍問題と言われるものです。

しかし、量子コンピューターはこの仕組みも無力化してしまいます。

その代わり石油を大気から作れたり、大きく社会を変えてくれる可能性に満ちています。

ドラッカーの「すでに起きた未来」は、以外とすぐそこにありますよ。

2017年11月29日水曜日

それはご自分が決めること

時折「交際費の枠って800万円ですよね?」という質問を受けます。
おっしゃる意図は理解しているのですが、基本「おっしゃっている意味を教えてください」と答えることにしています。

こういう質問の型になるということは、かなりの情報収集がテレビや日経以外の一般紙が2次情報として出しているものが”その権威”という有るのか無いのか分からないものを根拠として「正しい」と判断しているということです。

経営者なら必読の書「失敗の本質」にある、旧大日本帝国軍と同じ失敗をしかも「本質的に」未だに反省せずに継承しているということです。

1.1次情報には、それを創り出す第一義的な目的があります。
2.2次情報には第一義的な目的に沿った情報のまとめ方と、「こういう”視点””立場””状況”からみると新しいよね」というような感じのまとめ方の2種類があります。

ここを認識したうえで

3.まず、今持っている情報が1次情報と第一義的な目的の目指すところと合致しているか検討してください。
4.次に、、、部分検証について色々と挙げることは可能ですが、再現性は低いので各自やってください。そこまで面倒見切るなら1時間1,000万円以上でご相談です。
5.第一義的な目的と異なる意図が見えたなら、その意図が誘導している先を想定してください。
6.誘導された先に第一義的な目的達成の達成ラインがあればOK、無ければ誰かに騙されています。

野中先生が、あのバブル絶頂期に日本企業に発信した警告「失敗の本質」とはこのように、日本人が誘導されやすい過ちを明確に分析された名著です。

さて、第一段落およびタイトルにようやく戻ります。
「交際費って国に決められてませんよ!”枠”って何ですか?日本は共産圏では無いので、効果があると思うならいくらでもお使いください」

2017年11月25日土曜日

武井壮氏に忘れてたコメント

武井壮氏を取り上げたのは、お客様への提案にレパートリーを拡げましょうという提案です。
目の前の人に、伝わる伝え方!
これです。
「徳川家康」が効く、秀吉や信長が効く方、松下幸之助を古いと言う方、中村天風先生に駄目出しする方、その方々は実際に素晴らしい人生を送っておられます。
だからこそ、伝わる触媒が必要なのです。中国の古典から武井壮まで使える触媒を通してお客様と一緒に考える方策を日々考えています。